レビトラを味方に

レビトラを味方につけて自信を取り戻す

レビトラで効果を実感することが出来た男性 レビトラはバイアグラの次に開発されたED治療薬です。
そのため食事の影響を受けやすく、食事を摂ることで効果を実感することの出来なくなるバイアグラの欠点を改良されたED治療薬、といっても過言ではありません。
食事を摂っても性交渉時に効果を発揮することが出来れば、周囲にもEDであることを知られにくいというメリットがあります。
またバイアグラでは効果を実感することが出来なかった人でも、レビトラなら効果を実感することが出来た、という人も多くいます。
そのためEDで悩む男性の強い味方であると言えます。
しかし食事の影響を受けにくいとはいっても、油分や脂分が多くカロリーも多い食事だと影響を受け、効果を実感できなくなる場合もあります。
食事をするならば軽食に近く、アルコールを過度に摂取しないような内容にすると良いでしょう。
またレビトラの効果を最大限に得るためには空腹時の服用が推奨されているので、空腹時に服用し、成分が体内に吸収されたと思われる30分程度経過してから軽食を摂りましょう。
そうすることでパートナーとも食事をするデートをしても性交渉することが出来、自身を取り戻すことが出来るでしょう。
EDは周囲に知られたくないというストレスが余計にストレスとなり、更にEDになってしまう原因にもなります。
これだけがストレスの全てではないですが、レビトラを服用することで少なくともこのストレスを取り除くことが出来れば、ED治療として第一歩を踏み出すことが出来るかもしれません。
しかしED治療薬を服用することで必ず勃起するのではなく、性的興奮を必要とすることは本来の勃起のシステムと変わりありません。
そのためリラックスしてパートナーとの性交渉を楽しむことも大切なことです。

レビトラはどこで購入可能か

レビトラを個人輸入する画像 レビトラは通常のドラッグストアなどに流通している薬ではありません。
現代の日本では薬事法などの法律によって成分に応じた医薬品の取り扱いが決まっていますから、レビトラに関しても一般店舗に並べることはできないのです。
ではレビトラはどこで購入可能なのかというと、まず考えられるのが病院で処方箋を発行してもらうことです。
薬価が決められた薬では無いためどのような病院でも処方箋を作ってもらえるわけではありませんが、EDを専門的に診療しているクリニックは全国各地にあります。
そうしたクリニックであればレビトラの処方箋を作ってくれますし、その近隣にある調剤薬局であれば在庫として取りそろえているでしょう。
価格は病院・薬局によって異なりますが、1錠1500~2000円ほどが相場です。
もしこうした価格は高すぎると感じたり、病院に行き無くないなどの事情があるのであれば一応個人輸入でも購入することは可能です。
海外から薬を直接購入する個人輸入を代行してくれる業者はインターネットで探せば見つけられますし、インターネット上のドラッグストアの中には「こうした薬を輸入することが出来ます」として情報を公開しているところもあります。
そうした業者を利用すれば1錠あたり1200円前後で購入することが出来ますし、処方箋をもらう必要もありません。
ただしこの個人輸入と言う方法は病院で処方箋を作ってもらうよりもリスクが高いということは知っておかなくてはなりません。
特にレビトラは病院でもなかなか話しづらいEDに関連する薬ですから、通販需要が高いということで偽物の薬が相当量流通しています。
よって基本的には病院で処方箋を発行してもらって調剤薬局で買う、もしそれが難しい事情があるのならば個人輸入を検討するというように考えましょう。

レビトラ関連記事