レビトラを味方に

レビトラという薬品は何か

レビトラの画像
日本では、様々なストレスが原因で勃起障害になる人が増えています。
20代や30代前半の若い人でも、心因性の勃起障害で悩むケースが少なくないのです。
心因性の勃起障害の治療では、まず勃起障害の治療薬で、勃起しやすい状態にします。
さらに精神的なケアをすることで、勃起障害を改善していきます。
中高年男性の勃起障害は、加齢も大きな原因となります。
また、高血圧症や糖尿病などの生活習慣病も、勃起障害の原因になります。
内科の病気を抱えている場合は、その病気を治療する必要があります。
勃起障害の治療薬で有名なのが、レビトラです。
レビトラは、医療用医薬品で、ドイツに本社を持つ製薬会社で製造されています。
レビトラの有効成分は、バルデナフィルです。
バルデナフィルには、陰茎海綿体への血液の注入量を増やす働きがあります。
そして、性行為を行うために必要な勃起を促して、持続させます。
レビトラを空腹時に服用すれば、5時間から6時間の持続効果が期待できます。
何か食べてしまうと、効果に影響が出ることもあるので、できるだけ空腹時に服用することが大事です。
レビトラは、性行為の1時間前に服用します。
レビトラは、水で服用します。
お酒を飲む人は、適量に抑える必要があります。
大量のアルコールを摂取すると、薬の効果が半減してしまうケースもあります。
性行為の前に食事を摂る場合は、油の多い食事は避けて、消化の良いメニューを選び、腹7分くらいに量を抑えた方がいいです。
消化に悪い食事を摂ると、レビトラの効果が十分に発揮できないことがあります。
レビトラを服用して、体に異常を感じた場合は、すぐに服用を止めて病院へ行き、医師の診断を受ける必要があります。

レビトラ関連記事